TOP > 耐震診断とis値について

耐震診断とis値について

耐震基準のis値とは、構造耐震指標と呼ばれていて、建物の耐震性能を表す指標になっています。is値の数値が大きければ、それだけ耐震性が高いということになります。

is値は、Eo保有性能基本指標×Sd形状指標×T経年指標という計算式になります。Eoとは建物が保有する基本的な耐震性能を表しています。建物の強度を表す指標と、建物の粘度を表す指標をかけたものです。

そしてSdは建物の形状、そして壁の配置のバランスなどを表す指標になっています。最後にTは建物の経年によっての劣化指数を量る指標という訳です。これらの要素をすべてかけあわせて算出するのがis値ということです。

地震に対する安全基準として用いる時は、is値の他にq値という指標を用いてその基準を算出することになっていますが、この基準は国土交通省が2006年1月に国土交通省告示184号によって定められています。

is値が0.3未満、そしてq値が0.5未満の場合は地震の震動、または衝撃によって倒壊、または崩壊する危険が高い状態の建物を表し、is値が0.3以上0.6未満、もしくはq値が0.5以上1.0未満の場合は地震の震動や衝撃に対して倒壊、または崩壊する危険がある状態の建物であることをしめしています。またis値が0.6以上、そしてq値が1.0以上ある建物にたいしては、地震の震動、衝撃に対して倒壊、または崩壊する危険が低い建物をさします。このis値というのが0.6以上ならば、必ず安心、安全ということも必ずしもいえず、建物の耐震の性能というのは、主にその強度と粘り強さにかなり依存するものです。ですからこのバランスを上手くとることによって、建物の倒壊を防ぐことができます。

強さと粘り強さが上手く調和しないと、限界を超える力が加わった時に突然倒壊したり、大きな変形、大破につながりより危険です。その為に耐震基準とこれらの指標というのは、すべて基準にすぎず、実際のところはその数値というより全体のバランスのほうが大事ということになります。

その為、より確実に耐震度を量る為に、建物の形状、Sdや累計強度Ctも判定基準として採用し、Sd値、Ct値が0.3以上というのがis値の0.6以上とともに求められる数字ということができるのではないでしょうか。

耐震基準をみるときは、色々な建設、建物に関する専門知識などが必要になるので、できればその専門知識に明るく、色々な建物を診断した経験をもつ専門家に耐震診断を依頼しなるべく正確な判断を仰ぐべきかもしれません。