TOP > 耐震診断士が持つ資格

耐震診断士が持つ資格

耐震診断士は基本的に建築士、つまり一級建築士、二級建築士、そして木造建築士がなる事が多いのですが、指定確認検査機関、指定住宅性能評価機関の耐震診断士でもよいということになっています。

各自治体のホームページなどをみても殆ど建築事務所の名前が連なっており、やはり建築士が特定の講習を経て耐震診断士になるのが一般的でもあるようですね。

これからの需要を見込んで耐震診断士の資格を取ろうと考えて色々検索しても、なかなか検索されません。これはいったいなぜなのでしょうか。

つまり資格のための勉強をして、学校をでたり、資格試験に受かるだけではなれないのです。耐震診断士の前提条件として国家資格の建築士を持っていることが大前提になっています。もしくは指定確認検査機関、指定住宅性能評価機関の承認を得ているものという表記がありますが、一般的にはあまりこうした所に耐震診断を頼むことはまれでしょう。

個人の住宅で、しかも木造住宅の耐震をチェックすることがほとんどですからほとんどの方が建築士プラス耐震診断士の資格をもっている方に頼むことになります。

耐震診断士という資格のみでは建築士ほどの見識もないし、やはりその後の修繕、建て替えの可能性がある場合は、より建築士の判断を仰ぎたいものですから、そのほうが好都合ですよね。

耐震診断士が持つ資格はそれだけではなく、やはりもし不動産の知識やまたは法律、そして税務に関する知識などがあったらより良いと思います。

やはり物事のプロになる為には、国家資格かもしくはそれに准ずる資格があった方がよいのです。建築士だけではなく、宅建や税理士、弁護士など、建物に関する何かしらの専門知識がある方の力を借りて、手続きをこなしていきましょう。

登記にかんしては行政書士などにお世話になるかもしれません。人間の大事な住まいはときには命にかかわってくる大事なものです。ですからしっかりとした資格を持つ人に任せたいと思うのは当たり前です。耐震診断士の紹介を受けるなら、各自治体や日本耐震防災事業団に相談して紹介を受けてみましょう。

ボランティアでしている会社もありますので、最初の段階では費用のことはあまり考える必要はありません。自治体が費用を払ってくれる場合もありますので、しっかりとした資格取得者に頼むのが得策でしょう。自分の信用できる方を紹介してもらう事が大事です。知り合いの建築士がいればそのほうがいいでしょう。