TOP > 耐震等級とは

耐震等級とは

耐震等級とは、その建物がどれくらいの震度の地震に耐えることができるかの程度を示した指標になります。平成12年、2000年に定められた耐震等級、品確法は、等級1でも数百年に1度レベルの震度6強、震度7で倒壊しない、崩壊しない、そして震度5程度の数十年に1回ほどの地震においては損傷しない、という基準になります。

それがつまり最低基準で、その等級が上がれば上がる程、より強度が確かめられているということです。等級2ではその1.25倍の地震に対抗、そして等級3ではその1.5倍の地震に対抗できるということなので、かなりの耐性があるということになるでしょうが、数字の上の安全性と、実際の安全性とは多少誤差があるのが当然なので、より等級の高い建築を目指すのは当たり前でしょう。

大体目標としては等級2か3が求められます。そして、この耐震等級は地震係数というもので具体的にそれぞれの数が定められています。つまりは住まいの耐震等級を色々な視点から捉えて、そのバランスとともに耐震性を考えるということです。

その数値によって、その安全性をみることができます。計算の方法としては、まず屋根の種類、例えば木造二階建てで瓦以外の屋根を使っている場合、もしくは瓦の屋根を使っている場合に、その規定の地震計数を計算上ひっぱってきます。

そしてその必要壁量を計算するのですが、この計算にはk値と、地域地震係数、そしてその階の地震用床面積の数字が必要になります。地震計数と、もし木造2階建て住宅ならば1階と2階の比率が係ってきます。

そして地域地震係数になりますが、これは殆どの地域では1.0となっていますが、比較的地震が少ないと言われている沖縄、北海道などは0.7とか0.9だったりします。

地震用床面積はバルコニーや吹き抜けのことを考慮して計算する必要があるということです。こうして耐震等級が計算されていきます。その建物によって要求されている地震係数は違うし、それぞれの建物によって構造が違うので、本当に建物の数だけ計算式があるというものですが、そうして出して来る耐震等級はそれなりに信憑性の高い数字になっています。

耐震性を推量るには、まずはこの耐震等級の実際の計算を知って、その建物の客観的な耐震性を考えてみる事です。今では震度7程度の地震が100年に一度レベルではなく、10年に1度くらいになる懸念もありますから、この耐震等級の値は住まいを選ぶ上で非常に大事な指標になっているのは間違いのないところです。