TOP > 耐震等級とマンション

耐震等級とマンション

これからのマンションのキーワードはおそらく耐震ということと、後は地盤ということになるでしょうか。さきの東日本大震災で分かった事は、つまり地盤の悪い埋め立て地、もとは海や沼、湖だった所は液状化しやすいということと、地震リスクの高まりで、耐震等級の高い物件が好まれるようになるということです。

やはり耐震等級が低いと、マンションという集合住宅においての恐怖感は高まるでしょう。実は地震のリスク、つまり倒壊のリスクはずっと一軒家のほうが高いのですが、マンションはその構造の上で、かなりの高層階まで造られるので、非常口や階段が倒壊という最悪の事態におちいったら、逃げるすべもないからです。

そのようなこともあって耐震等級の高めの物件を探すことにもなるかもしれません。また、もし耐震等級1のマンションなら偽造がなくてもなんらかの計算ミスで強度不足ということがあるかもしれませんが、耐震等級2なら、ある程度は安心できる数字なのではと思います。

税制の優遇措置や、地震保険の割引もあって、やはり耐震等級2くらいのマンションが一番いいのかもしれません。耐震等級で選んでも、かならずしも等級の高い物件すべてが等級の低い物件よりも高いとは限らず、間取りとかその場所、日当りなど色々な条件がかさなっているものです。

地盤の事を除いては早々差がないような物件なら、間取りの多さよりは安全性を考えた方がいいのかもしれません。またいざという時の避難経路がしっかりしていたり、耐震ドアや耐震ガラスを使ってマンションが建てられていればベストでしょう。

超高層マンションの最上階などは住んでいれば気分が良いかも知れませんが、常にこうした地震リスクのある最近ではそう気分がよいばかりのものではなくなっているかもしれません。

建築技術の向上によって、もちろん揺れの何割かは吸収されるような建物の構造になっていることは分かっていても、高層階のあまりの揺れに、引っ越しを考えた方もいたといいます。その点では、高所恐怖症の方には、あまり高層マンションは向かないかもしれません。

耐震制度、耐震等級は数の上でのことで、実際の大地震では何が起こるのか、未知数な事が沢山あるからです。マンションでも、見かけより、場所より、安心で選んだ方が賢いでしょう。数十年のローンを組む場合は、慎重に判断を下すようにして下さい。たとえ一軒家より地震による倒壊リスクは少ないものの、エレベーターや電気、水が使えなくなるとしんどいですよ。