TOP > 耐震マットを水槽に使う

耐震マットを水槽に使う

耐震マットを水槽に使うということをご存知でしょうか。とくに鑑賞魚や仕事で水産資源を扱っている場合には、耐震マットを水槽におくことになります。

耐震マットにより防振、防音、そしてもっとも避けたい水槽の崩壊を避けることができます。耐震ガラス対応をしていないガラス窓などはガラスの破片が飛び散って危険なばかりか、それが窓の外に降り注いでしまうなどの恐ろしい結果がまっています。

そして室内でもその危険はあり、水槽、かなり大きな水槽ならば、ひとたまりもなく壊れたり、その破片、水、魚が飛び散ってとんでもないことになります。

水槽のなかは水圧もあるので、水に力が加わると簡単に破損してしまうことがあり、非常に危険です。その為に、耐震マットを敷いて、地震ダメージを最小限にしなければいけません。耐震マットがあれば、多少の縦揺れ、横揺れ、また前後への力をセーブすることができますので、水槽などをしっかり保護したい場合、もちろん貴重な魚だけではなく、ヘビやワニなど、逃げ出したら困ってしまうような生物もしっかり守ることができます。

ガラスのことだけではなく、こうしたことも心配なので、とくに凶暴な生物を飼育しているときは気を付けないといけませんね。水に濡れても強く、なんどでも使うことができるこうした耐震マットは、水槽にも必ず備え付けておいた方が無難なことでしょう。

耐震マットをこうしたガラスなどにつかえば、その効果をより知る事が出来ます。また、本当に水槽の崩壊が怖ければ、なるべく高いところには置かず、あまりお洒落なディスプレイとは言い難いですが、水槽を床に置くという方法もあります。その部分でもやはり耐震マットをしっかり貼っておけば、その分地震による揺れを抑え、大事なペットや高級な水槽を守る事が出来ます。

日本は地震国ということが分かっていても、なかなか観賞魚の楽しみは捨て難いし、もし停電がおこったらということを考えると、中々魚を飼う楽しみ、生き物を飼う楽しみもしぼんできてしまいそうですが、そう考える前に、耐震マットはしっかりとしたものを選んで、水槽の安心をしっかり確保しておけば大丈夫だということを知って下さい。

耐震マットをしっかり据え付けておけば、まさかの地震でも倒壊は防げることでしょう。停電の件は、なにかしらの策を考えた方が良いと思いますので、その点は、また別途自家発電なども考えてみるといいのかもしれませんね。