TOP > 耐震ラッチの効果

耐震ラッチの効果

実際の耐震ラッチの効果と言うと、実は完璧な答えがみつかりません。その地震のタイプや揺れ、そして強度にもよって、やはり耐震ラッチもこわれてしまうこともあるし、しっかり止まっている事ももちろんあります。

実際に阪神大震災でも耐震ラッチがついていても開いている食器棚などはあったらしいです。しかし、いまはその教訓をいかしてより良い品質のものが開発されていることでしょうし、またそれ以上に耐震設備への関心も高まっているので、最新のものならば、より効果が高い、大地震でもしっかり戸棚を止めてくれる工夫が随所にみられるのではないでしょうか。

しっかりと耐震ラッチをつけておけば、また耐震マットなどをしっかり据え付けておけば、まさかの時でも100パーセントではないにしろ被害はかなり食い止められる筈です。

2次災害を防ぐ為にも、また足裏に怪我をしないで危険物の散らばった部屋から逃げ出す為にも、どれだけそういった物が飛散しないか、また倒れてこないかなどは重要な問題になりうるのです。なるべく人に、人体に与える影響をすくなくすることができれば、それで十分だと思います。

また、最近ではガラス戸を使っていても粒子の細かいもので怪我をしにくくなっているものや、割れても比較的安全なものが素材として使われている商品も多いものですから、そういった商品をしっかり選んで行くことが大事になってくるでしょう。

耐震ラッチとともに壊れ物を置くところは様々な耐震道具で固めておくとよりよいのではないでしょうか。家具の配置などに気を付けてそうした家具がぶつかったり、いつも家族がいることの多い居間やテーブルに落ちてこないように安全対策に気を付けてください。

特に重い家具になると置き方のバランスが悪ければ底が抜けるなどのこともあるでしょう。耐震ラッチで扉を塞ぐことに成功しても、また次の脅威を考えないといけないとは、地震とは本当にやっかいなものですが、まずはあまり人がいかないような所にガラス系の家具を使うとか、家具がぶつかり合わない、また本棚やピアノは柱の多い比較的重さに耐えうる所におくとか、普段からちょっとしたことを気にかけておくと、いざというとき命拾いするでしょう。

耐震ラッチはその命拾いする一つの道具になり得るかもしれず、そうなるとそれだけ安い値段で怪我や命が左右されるなら、できるかぎり耐震ラッチ等を備え付けておくくらいは容易いことでしょう。