TOP > 耐震グッズで転倒防止

耐震グッズで転倒防止

突然の地震によって倒壊する建物や家具、そしてまき散らされたガラスの破片や破損した家電。そうしたときに自然の恐ろしさと地震の本当の恐怖というのが分かるのかもしれません。

地震の潜在的なリスクを知っていれば、あらかじめ地震保険に入ったり、耐震設備の整った家屋を建てる、またはそうした住居を選ぶということもできるのですが、実際のところはそれだけでは不十分だということは皆さんも良くご存知でしょう。

むしろそういった家屋などハードの部分で気をつけること、そしてその内容、家の家電や家具などのソフトの部分で気をつけることというのはおのずと変わってくるものです。

そして双方のバランスがとれることによって、地震対策は万全になるのでしょう。地震が頻発するようになり、家電量販店や一般ホームセンター、そして一般の百貨店、スーパーなどでも耐震グッズコーナー、防災グッズコーナーを設ける小売店が増えました。

防災グッズ、避難グッズとともにこれらの物の注目度が集まり、地震対策をできる限りのことをしておこうという人々が購買しているようです。特に背の高い家具や重量の重い家具などの転倒や扉の開放によって怪我のリスクやものの飛散によって起こって来るトラブルを避けるためにも、耐震グッズはどのようなものがあるのか調べて適切な処置をしましょう。

本棚、食器棚、そしてテレビ、パソコンなど、留め金や耐震マット、耐震ラッチで留めておけるものはしっかり留め、凶器になるのを防ぐのと、またテレビやパソコンなどの液晶パネルの破損を防ぎましょう。耐震ガラスや耐震ドアなどの装備や、バランスのよい家具の配置、そして1階に置く物と2階に置くものを決めましょう。

子供や老人がいることの多い部屋では特に気をつける必要がありますし、そうした人々が多く集まる病院や学校などでは一般家庭よりより耐震に考慮すべきだと思いますし、避難経路などの確認も良くしておくこと、耐震ドア、また窓は耐震ガラスなどにしておくなどのあらかじめの建築計画、修繕が必要だと思います。

また一般家庭ではいったい何が耐震の為に必要なのか、また家具の転倒、ガラス飛散、食器棚耐震、パソコン、テレビの保護などを考える他に、ホームセンターの店員さんや、インターネットの口コミなどを色々調べて、本当に必要な対処法を最初に調べておく事も参考になります。突然の地震には、なによりも被害を最小に抑える心構えと設備をあらかじめもっておくことでしょう。