TOP > 本棚の耐震グッズ

本棚の耐震グッズ

本棚の耐震グッズは、まずはその本棚自体が倒れてこない様にすること、またその本棚の中身も大量に落ちてきたら怪我をすることを知りましょう。本棚の耐震グッズはその2点を考慮するようにします。

基本的には、耐震の為に、まずは壁と本棚を金具で連結する方法がとられます。本棚の背面と壁に何らかの金具、釘でもいいですが、それを本棚の大きさや重さに従って何カ所か打てばいいのです。

しかし、実際のところは、賃貸住宅であるとか、または壁に穴をあけられないなどの事情もあることでしょう。そのようなときには、耐震マットや転倒防止シートを使うことによって、まずは床側から抑えを効かせます。

そしてその上で、天井部分と本棚の間を発泡スチロールや耐震ストッパーなどでおさえる事が必要になります。もともとストッパーがついているようなものも発売されています。

また、本の飛び出しも地震のときには悩みの種ですが、落下防止の棚板付きや扉付きにしてみるとよりいいのかもしれません。扉がある物は、耐震ラッチを付けることも検討してください。本は特に重い物が多いので、実際地震のときは、本が落ちて来るとかなり危険ですし、本棚自体が倒れてきたらと考えると、高い本棚に囲まれている部屋では就寝することを躊躇ってしまいます。

けれどもすでに壁と一体化するような対処をしておけば、そう恐れることはありません、できれば棚の収納も棚板などで隙間をつくらずきっちり収納するようにすれば、本の落下を最小限にすることができますね。

壁と本棚、天井と本棚、そして各棚の隙間を減らすことが地震対策としては求められます。すこし本の入れ方、取り出し方、そして設置の仕方に窮屈さがあることは否めませんが、それでも地震対策にはそれくらいのほうか良いでしょう。

また本棚はかなりの重さになることから、その設置場所には気を配ったほうがいいですね。なによりも2階、3階部分に置く時は、その柱の配置や梁の密度や太さなどを考慮して、なるべく強い部分に置くと良いと思います。または双方においてバランスを取るなどしてもいいでしょう。

本棚の場合は、かなり背の高い家具になることが殆どです。その為に背面でおさえるだけではなくて、天井からもおさえるような工夫をするとより良いと思います。地震対策をしっかりすれば、本棚倒壊の被害は避けられるでしょう。中身の保護とともに、まずは人間やペット危害を与えないようにしておく事が大事でしょう。