TOP > 食器棚の耐震グッズ

食器棚の耐震グッズ

食器棚の耐震グッズとしては、やはり耐震ラッチでしょうか。食器棚の転倒防止の為に、耐震ストッパーや耐震マットも付けて置いた方がいいでしょうが、まず怖いのは食器の飛び出しです。

そして扉がガラス製になっているときはその扉を突き破って中の物が飛び出してくることではないでしょうか。例えば飛び出しが怖いからといって、引き戸にしたとしてその引き戸にもしっかりストッパーをしているとしても、中身が飛び出すリスクはあります。ガラスなら、かなりの確率で衝撃が大きければ割れます。

ですから潜在的なリスクを考えると、まずはガラス戸は避けた方がいいか、もしくは耐震ガラスを使った物にした方がいいでしょう。しかし食器棚という家具の特徴上、やはり中は見えた方が良いと思いますので、できればプラスチックなどで出来ているものならより安全でしょう。

また、プラスチックで出来ているとしても、戸棚である以上、その扉を支える力が強くても、中に入っている物の方が重い、また地震によって左右に揺れる力が勝ってしまえば確実に扉は開くかまたは扉の側面が割れます。枠の部分をしっかり留めていたとしても中の物が飛び出すこともあるということです。

ですから、まずは食器棚の中の配置を工夫するようにしましょう。陶器など、比較的重い物は下のほうに。できれば木の扉になっているもののほうが割れるリスクは少ないですね。またキレイなワイングラスは飾っておきたいものの一つですが、できればしっかり固定しておくとか、箱の中にしまったままにしておいた方が地震対策は万全でしょう。

ちょっと寂しい気もしますが、装飾性より、安全性を重視した配置にするとより安心できます。また絵皿や飾りのお皿などは、しっかり固定しておく、家電や家具を置く時に使う耐震マットなどを上手に利用する、専用のストッパーなどを付けておいて、それを置いている家具や床の間などにしっかり固定し割れない様にするなどの積極的な対処が必要です。

しっかりした対処をしておけば、美術品も大事な品物も地震の際に壊れないですみます。またまさかのことを考えて、本当に大事な品物なら、専門業者にあずける、倉庫などにしまっておくなどの特別な配慮が必要になります。

高級な食器を持っている方、美術品に値する食器や家具をお持ちの場合は前もって相談をしておくと良いと思います。前もって保険をかけておくこともできますが、30万円以上の美術品は地震保険には入れません。しっかり先をみて突然の地震に備えることです。