TOP > テレビの耐震グッズ

テレビの耐震グッズ

大きな地震があると、テレビが転倒することがありますが、最近はテレビの画面が液晶パネルになっているので軽く、安定がないので簡単に転倒してしまいますね。昔の箱形テレビなら確かに高いところから落ちて来る事も少なかったでしょうし、その表面が割れてしまう事は少なかったのではないでしょうか。

液晶テレビになったことで、今では簡単に場所を取らず設置できるようになった液晶テレビ、プラズマテレビですがその分リスクを抱えていることを忘れてはいけません。

転倒による破損は、非常に良く起こることなので、耐震マット、耐震ベルト、そして耐震ジェル、耐震コーナーキャップなどの設置が欠かせません。

もし、他にも棚やテレビを置く場所を固定できるような所にしっかりとしたネジやテープなどで固定する事ができればそれでもいいでしょう。最近は地震意識の高まりから、家電量販店でもテレビの耐震グッズを置く事が多くなりましたので、もし心配な時は、こうした耐震グッズを同時に購入することが良いでしょう。

液晶テレビなどは軽いので、箱形テレビなどに比べると落ちてきて怪我をすることは少ないですが、他の家具の巻き込みや、転倒による破損で、液晶部分のパネルが飛び散るなどのことはやはり避けられないのです。どのような揺れが襲うのか実際のところはその地震が起こってみないと分かりませんが、テレビは、非常に一般的な家電であり、ラジオとともに緊急の情報収集、連絡の為のメディアとして重要な位置を占めることがあって、その被害をなくすことは避難情報や、避難経路を確保する意味では重要です。

テレビの耐震グッズは設置も簡単な上、値段が安いのでまだ設置していない方は早めの設置が大事になるでしょう。テレビの耐震グッズは比較的種類が多くでていますので、テレビの形状や大きさ、箱形か液晶型かによって適切な耐震グッズを選択することができるのです。

今や一家に1台以上のテレビをお持ちの家庭も多いことでしょうから、それそれのテレビ毎にしっかりとした対策、つまり固定をしていく事が大事になってくるということです。とくに子供や老人の多くいる部屋では転倒や破損によって起こる怪我には十分気を付けないといけないでしょう。

あらかじめ耐震グッズの設置を家族ぐるみでこころがけ、まさかの地震に備えてみてはいかがでしょうか。テレビ以外の家電も、転倒しそうな物には耐震グッズの設置が有効です。固定するようなもの、制振に効果があるものもあります。