TOP > 扉の耐震グッズ

扉の耐震グッズ

扉の耐震グッズは、まず大きな扉、つまり部屋の出入りなどに多く使うドアは耐震ドアなどにして、避難する時でも扉が開く様にしておかなければなりません。

もし家を新築、または修繕、リタイア後の改築、2世帯、3世帯住宅などを考えている場合は、この地震の多い時代なので、設備の面から耐震を考えましょう。マンションやアパートの場合は、そうした耐震設備が売りの物件を探すと良いのではないでしょうか。

いざという時に避難経路が閉ざされたら大変ですので、何かしらの処置をしておきましょう。一方、家具などについている扉ですが、普段は開閉できて非常に便利です。しかし地震の時は予想もしなかったエネルギーが家具にかかり、あっと言う間に、逃げる間もなく家具が倒れてきたり、扉が開き中のものが飛び出してくることがほとんどです。

その扉を上手く固定することができれば、中の物の飛び出しが防げるとはいえ、しっかり留めすぎて普段の生活上で不便を感じるようでは家具としての意味をあまり成さなくなってしまいますね。そのような場合には、耐震ラッチという扉の為のロックを使うといいでしょう。

地震を感知すると扉が自動的にロックされ、中のものの飛び出しを防いでくれる優れものです。その為に落ちてきたら危険になる食器やこわれもの、そして本棚などの備え付け扉に、しっかりと装備しておくべきものです。

最近は販売の段階で、すでに耐震ラッチを付けてある商品も増えましたので、もしそうした家具があれば、そのようなあらかじめ耐震ラッチがついているものを買い求めるのも賢い判断だと思います。

ただし、耐震ラッチも完璧ではなく、地震の揺れによっては開いてしまうリスクもあります。また、扉部分がガラスで出来ている場合は、その破壊にも気をつけるべきで、ガラスを使用してある食器棚があったらガラス飛散防止フィルムをつけるなり、何らかの対策をしている商品を買ったほうがいいでしょう。

地震はあっと言う間に強くなり、机の下に隠れる前にすでに色々なものが落下、破壊する可能性もあるので、こうした扉のストッパーやロックをつけておくことは基本の基本です。怪我防止の為に、出来る装備はしておきましょう。

そして、倒れてくることを防止する為にも、転倒予防のマットなども床に貼り付ける、また背の高い家具は、しっかり壁に留める工夫をしてください。小さいものでも、効果をしっかり発揮してくれるグッズが多いので、目立つ事もなく、まさかのときに役立ってくれます。