TOP > 木造住宅の耐震補強

木造住宅の耐震補強

木造住宅の耐震補強は、その部分によって補強の方法が異なります。評点方式で評価されていると、実際どこが弱いのかがよくわからないということにもなります。

まず一番大事なのは土台の部分ですが、この部分が1981年以前に建てられているものだと、かなり弱くなっている可能性が高いので、まずはここをチェックします。基礎と土台がしっかりしていることは住宅の基本でもありますので、この部分を大事にしてください。

基礎を補強して建物の耐性を高めるのは、土台が基礎を踏み外して倒壊、大破する危険があるためです。ですから基礎から直して土台としっかりつなぎ合わせる作業がまず必要となるのです。

基礎の工事には、免震の改修工事や炭素繊維素材の格子プレートを使うことによって無筋基礎を補強することなどができるようです。また、その土台から家の骨組みを作る柱や梁ですが、それらも数を多くしたり、太くすることによってより強度を高めることができますし、揺れによる接合部の補強も大事になってきます。緊結をすることによって、より建物の倒壊リスクを減らすことができます。

また、開口部が多く、壁の少ない建物、筋交いがは入っていない壁では、倒壊リスクが高いといわれています。その為に、新たに壁を増設する、また既存の壁を補強することによって強度を高めることができます。

揺れによる歪みを防ぐには、壁の補強が大事です。また、屋根の考慮も大切です。木造住宅の屋根は、比較的重い瓦などで作られていることが多いのですが、瓦屋根は重いという特徴があります。

その重さに耐えかねて倒壊することもあるので、注意が必要です。できれば軽い素材の屋根に交換することをおすすめします。また、これらの施行をすべてしても、大型地震の場合は、家の倒壊リスクは避けられないときもあります。

そのようなときに、家の中の安全な避難所であるシェルターなどを建てておく事も考えてみましょう。全体的な家の強度に不安が残る場合は、まさかの時の為にシェルターを建設しておきましょう。工事は簡単で、数日で済んでしまうそうです。

木造住宅はこのように、部分部分の補修が必要になってくるので、耐震診断の数字をもとに、どの部分が補強が必要かを客観的に判断する必要があります。ときに建築士や工務店のアドバイスを聞いて、出来る限りの耐震設備を整えておけばいいのではないでしょうか。木造住宅の場合は基本的なメンテナンスさえ怠らなければ、しっかりと長く住む事ができるのですから。