TOP > DIYで耐震補強

DIYで耐震補強

DIYは、Do It Yourselfの略です。つまり耐震工事を自分でやってしまおうというものです。しかし、建設の技術がなくて、本当にできるのでしょうか。そんなに簡単なものなのでしょうか。

もちろん多少家の建設や設計に携わったことの有る方なら、それくらいたいしたことはないのかもしれませんが、屋根の修復やペンキ塗りではなく、土台などの工事も本当にできるか不安ですよね。

しかし、今は実際にリフォームなどを自分で手がけてしまう強者もいますから、まったく無理と言う訳でもありませんね。むしろ時間をかけてしっかりできる、また自宅に対して手抜き工事をするとダイレクトに自分の命が家族にかかわってくるため、真剣に取り組むなどのメリットもあります。

ただし、これから建設を始める家ではなくて、もうすでに建てられている家のリフォーム、耐震補強はその部分での難しさがあります。騒音の問題とか、一時的に家を壊すことになると、その間、家には住めないので、他の住居に引っ越すことになるなど、色々やらなければならない事が多いです。

もともとの家の骨組みである柱や梁を補強すること、そして壁を補強し、筋交いをつける、そして屋根の瓦を取り替える、基礎の補強をするなど、もともと耐震補強の工事は基礎的な事が多いものです。

インテリアや内装などは出来そうだけど、基礎はどうかな、と思う場合もあると思いますが、残念ながらしっかりした会社に頼まないと手抜き工事の危険もあります。

そして、もし土台が駄目になっている場合は、解体からしないといけない場合もありますので、そうなると余程専門知識が有る方ではないと難しいです。自分で家を建ててしまう方もいる海外ではそう珍しくもないですが例えば誰も雇わず自分で工事するとなると、かなりの時間がかかると思います。

しかし、ホームセンターなどにいけば、自分で出来る耐震補強工事やインターネットのサイトで自分で出来る工法なども調べられるとおもいますので、しっかりとした情報ソースをもとに工事に取り組んでみてはいかがでしょう。

金具の取り付けも壁の補強もないよりはずっとましなのですから、出来る範囲で、少しずつ耐震工事を自分の手で丁寧にすれば、工務店のプロの技にかなう事があるかもしれません。まずは地道な作業でじっくりと取り組んでみましょう。

時間はかかるでしょうが、いざ地震のときに、きっと役に立ってくれることでしょう。DIYで耐震補強をするのを趣味にして、週末毎に頑張っている方もいることでしょう。でも、きちんと安全性を確かめないと意味がないですね。