TOP > 耐震補強の金具について

耐震補強の金具について

耐震補強の金具については、賛否両論あります。もちろん接合部分に金具を付けるのは、その部分では補強ができているのかもしれません。

でも、実際はその補強をつなぐ土台、柱、梁の部分がしっかりしていないといくら一部を金具で留めても倒壊してしまいます。もし、接合部分の金具を本気で役に立てたいのであれば、まずはその家の骨組みの部分をしっかり補強する事が必要です。

筋肉や筋をいくら強くしても人間の体の骨折は修復できないように、まずは骨組みがしっかりしているかどうか、耐震診断士に確認してもらいましょう。そしてその土台、骨組みの部分の確認ができたら、耐震補強の金具を取り付けると良いと思います。

この金具を付けることによって、揺れによる接合部の抜けや外れを防止することができるのです。柱、梁などが一体となって地震の揺れに対抗すればいいのですが、なかにはすこし仕口が緩くなっている所もあるでしょう。

その緩くなった部分を金具で留めてあげれば、より建物の強度がまして、全体的にバランスのとれた物になるでしょう。耐震補強の金具については、その建具の仕様や部分によっても適切な金具が違ってきますので、緊結の際にはしっかりと選択する事が必要でしょう。

また、ふつうの金具だけではなくて、ブレースという金具でクロス型に補強することもできます。壁などに対角線上にブレースという金具を置くだけで、かなりの補強になるでしょう。その他仕口ダンパーなど地震の揺れを少なくして建物をしっかり支える金具もあります。

また、接合部の不備が見つかった場合は、柱ぬけ防止の為の強化金具もあります。そして金属性の筋交いもありますので、もし基本の骨組みや土台が弱いようなら、それなりの対処の仕方もあるということです。

耐震金具はARS(アラミド繊維)などもあり、その素材もいろいろあります。耐震金具の素材も、そしてその強度や用途もまちまちですが、耐震診断の結果をもとに、どの部分を補強しないといけないのか良く考えて、ベストな工事法を選ぶことができます。

金具といいつつ、素材も色々あるので、その金具の長所、短所などを考え、バランスよく耐震素材を使って行く事が何よりも大事になると思います。一番大事なのは、適切な処置を行なうことと、全体のバランスが倒壊を防ぐということです。木造住宅は良い点もありますが、脆弱な点はしっかり補うことで快適な住まいになることでしょうから、しっかりと見極めましょう。