TOP > 耐震補強方法について

耐震補強方法について

耐震の為の補強方法については、それぞれの場所に適した補強方法があります。またその補強方法については、スタンダードな方法もあるのですが、工務店ごとに独自の工法を考えていたりして興味深いです。

小さな工務店から、大きなハウスデベロッパーまで、その方法はざまざまですが、その補強工事でどのような補強ができるのか、また建物全体の安全度はどれくらい上がるのかをしっかり説明してもらいましょう。

建物全体が老朽化している場合には、1分の補強だけでは不十分なことがあります。予算の関係から全ての工事が出来ないとしても、建物にはバランスというものがあるので、もし全部ができないとしたら、土台と骨組み、そしてできれば壁にこだわりましょう。

建物で一番怖いのは倒壊することです。その建物の下敷きになったらまずは助かりません。その為、全体的に建物自体が老朽化していて、危険な状態にあるなら、耐震補強の間に部屋の1部だけセーフティーゾーンのように建て付けを強化した部屋を作り、そこで過ごすようにすることも考えましょう。

耐震補強の方法は、今は木造、鉄筋コンクリートそれぞれに適した方法が費用の面からも選べるようになっていますが、まずは1981年以前に建てられている家屋やビルは潜在的危険が大きいので早めになんらかの対処をしましょう。

しかし面白いのは昔の旧家、江戸時代や明治時代に建てられた家屋は、むしろ大きな地震があっても倒壊しないことが多いのです。建物の構造が敷地が広く、平屋建てで、柱が多くしっかり作られていること、また藁葺きや比較的軽めの屋根材で作られていることもあるでしょうか、むしろ近代の建築法に進むに従って失ってしまったものが、地震対策には適していたということはないでしょうか。旧家には残っていて、今の建物にはないものが大事ということはいえないでしょうか。

そうした事を考えていくと、旧家は階段や吹き抜けなど近代の建築の建物の強度が弱くなるものを何も持っておらず、屋根は軽いし、しかも壁の作りも土台もしっかりしているし、柱も梁の数も多い。実際こうした作りを見習って今の地震対策にすれば、非常に良い結果をうむでしょう。

土地が狭いところに建つ現代の建築は横よりも縦の補強に気を使わないといけませんが、一方で木造建築の場合は、建物がしなうような柔軟性のある補強が必要だという難しい側面もあります。鉄筋コンクリートには、またそれに適した補強があるので、その建物のタイプによって補強方法は違ってきます。