TOP > 耐震構造とは

耐震構造とは

耐震構造とは、地震国の日本にふさわしく、柱や梁を多く、太く、壁を厚くしたり壁量を増やすことで地震の力に対抗するような作りにした建物のことです。

建物の構造自体を強く頑丈にしているので、家屋や建物は全壊や倒壊をしづらくなります。これが元来日本が伝統的に行なってきた耐震構造です。

しかし、最近では超高層ビルや高層マンションが建てられる様になってきています。こうした建物はもし、がちがちに強くしても振動の関係でどうしても高層階にいけば、倒壊や破損が起こります。

狭い日本の土地を有効利用するには、高層ビルやマンションはどうしても必要になりますが、そのような建物を建てるのに、重要なキーになっているのが、免震構造というものです。

免震構造は、地震のメカニズムを考えて地震が直接建物に伝わらないように基礎と上層構造の間に特殊な装置を付けることによって免震層を人工的に作り、地震の揺れのエネルギーを吸収するような設備になっています。

高層ビル、高層マンションは殆どこの免震構造になっています。まとめると、耐震構造は揺れを直接感じるけれども、建物の強度でその倒壊や全壊を押さえるようにしている構造で、免震はその揺れを吸収してしまい、土台から揺れを伝わりにくくしている構造のことです。

しかし、耐震構造についても、木造住宅と鉄筋コンクリートではおのずと違います。木造住宅は比較的揺れやきしみに対しても抵抗が弱いのです。自然にたっている木でも、しなうことによって、折れる事は少ないですね。柔らかい木なら、ほとんど倒れることはありません。ですから自然に免震しているところもありますが、鉄筋コンクリートはそうはいきません。

耐震構造と免震構造のどちらを選ぶかは、その建物の高さやその建築物が建てられた時の技術や建築基準法によります。建築基準法、そして新耐震基準が施行されたのは1981年のことでしたが、耐用年限中に、数度は遭遇する程度の中地震では建物の機能を保ち、また耐用年限中に1度程は遭遇するかもしれない大地震には建築物の架構に部分的なひび割れ等の損傷が生じても、最終的には崩壊しないで、人命の保護をはかるという条項があります。

これが基本的な改正点ですが、旧建築基準法とどこが違うのかといえば、大地震の際のことについて加えられている事です。それまでは中程度の地震に関しての記載しかなかったのです。そのため、1981年以前に建てられた建物は、大地震が起こったとき、なにも保障がないという基準で建てられているのです。