TOP > 耐震構造基準とは

耐震構造基準とは

耐震構造基準とは、1981年に施行された、新耐震基準による構造上の取り決めのことです。耐震構造基準とは、1923年の関東大震災まで歴史は遡りますが、その大震災の教訓をもとに、1924年に初めて構造設計基準が制定されました。

それ以降、大きな地震が起こる毎に、その基準がより新しいものに改められています。技術の進歩にあわせて、荷重計算や応力計算を詳細に定め、より構造が緻密になっています。構造設計の変換をこの耐震構造基準にみることができます。

その後の大きな転換期になったのは、1950年で、この年に建築基準法が制定されました。そして1981年の建築基準法の大改正につながっていく訳ですが、これ以前の構造基準を旧耐震基準、これ以降を新耐震基準と呼ぶくらい、大きな変更になりました。

建物の安全を確保するには、仕様規定と構造規定という2種類手法がありますが、仕様規定の場合、モデル化されたルールで壁の量や配置、そして接合部分を考えていきますが、簡易に計算ができますが構造計算より、概算レベルなので、接合の金物が多く必要になります。

構造計算をしたものは、正しい合理的な計算法によって設計されるもので、個々の建物による特徴も考慮した構造計算が可能になります。より合理的です。耐震基準によって建てられている建物は、地震の力が家屋やビルにそのまま伝わるので、家屋が倒壊、損傷しやすいことが分かっています。

家具や壁なども落ちやすく、耐震基準にあっていない建物はより危険度が増しているということです。また耐震構造基準によって定められた基準に達していない建物は修繕や耐震性能を強化する必要があります。耐震構造については新たな地震が起こるたびにその問題点が検証されて、よりよい建築の為に改善されています。

詳しい詳細が知りたい場合は、耐震構造研究所のホームページでどのような耐震構造が考えられるのか、また最新の耐震構造、そして耐震事情について知る事が出来るでしょう。耐震のことについていまやっと興味をもったばかりの方はすこし専門的な話にもなりますが、耐震構造とはなにかということを調べてみることをおすすめします。

今の基準がどれくらいなのかを知るよい機会でしょう。耐震診断についての豆知識や、地震に備えてどのような手を打っておいた方がいいのかを詳しく知ることもできるでしょう。どのような建物が実際には地震に強いのか、木造では、鉄筋では、といった疑問に答える事が出来ると思います。