TOP > 耐震構造研究所について

耐震構造研究所について

耐震構造研究所は耐震、そして耐震補強についての検査機関です。新築物件ならば、耐震基準の考慮した構造計画、そして構造設計を提案し、既存の物件については耐震診断を含めて、改修の提案をしています。

信頼の置ける耐震診断技術士の派遣を行なっており、その実績もしっかりしています。耐震診断については、木造住宅だけではなく、鉄筋、鉄骨造りなどでもしっかり対応できます。

また、公的な補助金の申請も考えてくれます。実際に耐震構造の整った建物、設備にしたいけれど、どのように希望の物件を建てたら良いのか分からない、また、どのように修繕、改修を行なったらよいのか、また自治体への申請は、と疑問の多い耐震診断ですので、このような専門機関に相談してみるのがおそらく近道ではないかと思います。

耐震構造研究所では木造住宅では簡易診断、そして精密診断をおこなっています。簡易診断では一般的な診断方法で、地震に対する強さのおおよその目安を付ける程度になりますが、精密診断になると床下、天井裏も含めての耐震性の評価を行い、現地調査のデーターから解析、構造計算をもとに、耐震性を確かめます。

また、伝統構法で建てられている寺社などの特別な建築物の診断もしているようです。そして、鉄筋、鉄骨、鉄筋鉄骨コンクリートの建物は、専門家の予備調査の後に、どのレベルで診断を行なうかを判断します。

これは一次診断から三次診断までに分かれます。一次診断は設計図書を参照しながらの現地調査によって、柱、壁の断面総量、配置バランス、建物自身の老朽化を考慮した耐震性能を判定します。そして二次診断は、それに構造解析をおこなって、柱、壁の強度、配置、そして老朽化などを考慮にいれつつ、分析し、耐震性能を判定します。そして三次診断になると、設計図書にもとづく現地調査をおこない、構造解析をしますが、こんどは梁、柱、壁の強度、配置、そして老朽化を詳細に分析する精度のより高くなる方法です。

普通は二次診断で行いますが大体ケースバイケースです。これが基本的な耐震診断で、これをもとにして改修や改築、補強の為の工事を行います。そのアドバイス機関と施行を兼ねた機関と考えていいでしょう。詳しい事は、ホームページや直接問い合わせてみるなどして、自分の疑問点をはっきりさせましょう。建築物毎の豊富な経験から、しっかりとしたアドバイスをくれる筈です。事例の紹介なども参考にしても良いと思います。