TOP > マンションの耐震基準

マンションの耐震基準

最近の地震の頻発に伴って、マンション住まい、高層、超高層マンションに住んでいる方も、本当に大地震がきたとき安全なのだろうか、また自分の住んでいるマンションの耐震基準について改めて関心を持ち始めた方もいらっしゃるかと思います。

マンションも普通の民家などと同じように、1981年の6月以降に建てられた物は、新耐震基準を満たしているものと考えられますが、気をつけるべきなのが、この年、この月に新耐震基準で建築確認をとって建設を始めたマンションは、竣工は、着工してからおよそ1年後になります。

ですから本当に新耐震基準を満たしている物件は、1982年後半から1983年にかけて竣工した物件ということになります。しかし物件によってはその年以前でも新耐震基準を採用して建てているマンションや、補修工事などを行なって新耐震基準を守っているマンションもあることですので、必ずしも全て1981年以前の物件を敬遠することもないのかもしれません。

中古マンションの購入を考えている方にとっても、この新耐震基準を満たしている物件を購入する場合は、減税措置がとられるので、非常に重要です。マンションの耐震基準はその個々の住宅ではなく、建物全体が条件をクリアする事が大事なので、一部のみの修繕では意味をなさないということです。

1978年の宮城県沖地震では旧耐震基準によって建てられたマンションの倒壊はなかったのですが、柱、そして梁が傾く、壁が歪んでドアや窓が開かなくなってしまったなどのトラブルが報告されました。これを受けて新耐震基準では耐震構造計算式の見直しなどが行なわれ地震によって建物が変形することの制限、限度が定められました。またコンクリートの中の鉄筋の配筋をより多くするようになどの強化策がとられました。

また、1995年におこった阪神大震災でも、マンションにおける死傷者は20人程で、比較的一戸建てに比べて安全である事が確かめられたのです。被災地のマンションを調べてみると、1970年以前に建てられた物件では大破したマンションは8.5パーセントにのぼりましたが1970年から1980年までの旧耐震基準で、配筋の密度を高くした物件の割合が多いマンションの場合は2.3パーセント、そして新耐震基準にのっとって建てられたものは、なんと0.3パーセントで、新耐震基準の耐性が確かめられた結果になりました。

マンションの安全性をはかるには、やはり新耐震基準と、築年数によるかと思います、やはり自然の摩耗や傷みは避けられませんし、定期的なメンテナンスがしっかりされているかどうかが一番のマンション選びのポイントになることでしょう。