TOP > 耐震構造とマンション

耐震構造とマンション

マンションの購入や賃貸を決める時は、設備、間取りや場所、そして家賃や売買価格、管理費も気になります。しかし、まず一番気になるのは安全性ではないでしょうか。

一般に日本の都市は安全なので、その街の治安を考慮することはまずありませんが、駅や高速道路へのアクセスの良さや、ガレージ、駐車場の確保などの条件も整ったら、やはり耐震性は一番きになるところです。

日本の建築技術は世界最高なのだから大丈夫、とおもってもやはり高層階に入るとなるとすこし不安がある、という方も多いとおもいます。また高層マンションでなくても、決めては耐震構造、と思っている方も少なくないでしょう。

実際の諸条件を考えても、一番安全なのは、免震構造になっているマンションです。免震構造によって地震の揺れの何割かは吸収されます。それゆえに、家具の転倒や家電、そしてガラスなどの落下が少ないのです。これは安全上、大きなメリットではないでしょうか。

しかしながら、免震構造はもっともコストのかかる建築法の一つなので、やはりそのお値段は高めになるのを覚悟しておいたほうがいいでしょう。しかし、横揺れには効果があっても、縦揺れには効果がないということもあります。

そして制震構造のものですが、こちらも建物が変形すると効果を表すようになっていて、どちらかというと、風の揺れを制するのに向いている建物です。また、耐震構造のものは、いわずもがなですが、建物の揺れがダイレクトに伝わる形になっているものです。どれがいいのかはコストや安全面から考えるといいですが、どの物件にも一長一短があるので、自分の用意できるもとの資金と、そして家具や家電にしっかり耐震設備を付けるコストも盛り込んで住まいを考えたらいいでしょう。

また最近は超高層ビルを揺らす長周期地震動などの研究が進みました。それによってエレベータが止まってしまうという被害がより大きくなっています。建物を揺れにくくするように、またエレベーターへの影響を最小限にする為に、これから長周期地震動が建物に与える影響が研究によって明らかになるでしょう。

また、この震動によって高層ビルなどが想定以上に長く揺れ続ける傾向がありますので、注意が必要かも知れません。マンションに関しては、高層階になればなるほど、エレベータの故障などが生活において致命的にもなりかねないので、その部分をよく検討しておきましょう。停電に備えた電源を装備しているビルもあります。