TOP > 木造の耐震構造

木造の耐震構造

木造の建物というと、せいぜい壁量を増やす、土台をしっかりする、そして接合部を金具などで固定する、または屋根を軽くするなどの工事が関の山、と考えている方は考えを改めた方がいいのかもしれません。

実際に木造建築でも、免震構造にすることは可能ですし、いまもっとも注目を浴びているのが、この免震設備をもった木造建築なのです。免震構造の良さ、つまり地震力の吸収をおこなうので、実際の揺れはかなり抑えられ、家具の転倒や物の落下などが減ります。

木造住宅で、耐震構造を施すとしたら、やはりこれからは免震構造にすべきでしょう。大規模な地震があると、最も弱いのは1981年より前に建てられた、旧耐震基準によって建てられた木造住宅であるといいます。

わずかゆれが始まってから数秒で倒壊、全壊した建物があるといいますから、地震のエネルギーとは凄まじい物です。そして新耐震基準で建てられたものも、倒壊やひび割れがあったそうですから、やはり建て付けを良くして建てたつもりでも、老朽化やデザインの関係もあって、倒壊してしまう木造住宅はあったそうです。

しかしもしこの免震装置を木造住宅に付けることができれば、家具の転倒も、耐震ストッパーや耐震マットの設置で避けられますし、ましてや倒壊するリスクも避けることができます。

とりあえずの処置として、まずは新耐震基準にマッチするような補修をしてから、数年後にこうした免震技術を一戸建てに取り入れてみてはいかがでしょうか。この免震技術の導入は、建物本体の改修がまったくいらないのでそのままの家の状態を保ったまま工事ができます。

せっかくの新しい技術なので、古い形の耐震構造にとらわれないで、一考する価値があるのかもしれませんね。木造の建物の建て付けの良さと、現代の地震の技術の良いところをとった新しい耐震構造です。

一戸建てなら、ビルの様にエレベータなどを設置しても、停止するようなことはないと思います。木造の建物は高さには限界がありますが、その部分で、より安全、そしてより倒壊の可能性の少ない選択をしていけば、地震の多い日本でも安心な住まいは手に入ることでしょうし、またその技術はどんどん進んでいくでしょう。

一戸建ての問題は、むしろセキュリティの面にあることと、免震構造とはいえやはり縦揺れにはあまり効果がないところでしょうか。縦揺れを想定して家具や家財、家電などをしっかり留めておく工夫をしてくださいね。一戸建てで、制震構造を取り入れることもできます。