TOP > 耐震ベッドとは

耐震ベッドとは

耐震ベッドは、災害、特に突然の地震に襲われた際にすぐに身を守るシェルターになってくれます。ベッドの構造の上で、マットレスの下部分の空きスペースは、普段収納に使ったりする事が多いものですが、この隙間の部分をシェルターとして考えたのが、この耐震ベッドです。

防犯、防災の見地から、危険から身を守ることのできる画期的なベッドが開発されたのです。耐震ベッドの構造としては、側面のボードの扉を開けることによって静止荷重、およそ2トンまで耐えることのできるスチール製の壁によって身を守ることができます。

また、この耐震ベッドの内部には防災グッズが常備できるスペースがあり、非常時に中から物を取り出せる特殊な引き出しがついていてとても便利です。普段の生活で防犯グッズの置き場所に困り、押し入れなどに収納していると、いざというときに直ぐに取り出せないなどの難点もありますが、耐震ベッドならそのスペースを有効利用できるし、寝ている間に地震が起こってもすぐにベッドから防災グッズを取り出し避難できます。

こうした耐震ベッドの構造上から、もし重い家具が倒れてきたり天井が崩れ落ちてきて閉じ込められてしまったらどうしよう、という懸念もうまれるかもしれませんが、それは問題ありません。通信機器や笛、またはなにかしら大きな音がでるものを最初からベッドの内部にいれておけば、自分の存在を外部に知らせることができ、救助を待つ事も可能です。

万一の為に、購入を検討しても良いかもしれません。また、内部から施錠もできるので、防犯対策や不法侵入物から自分の身を守る為に使用することもできるのです。また、スイングフレームを上げ下げすることにより、軽度の地震では頭部のみを守ることができますので落下物などが心配な方にも使っていただく事が出来ます。

耐震ベッドは機能性を追求した商品なので、組み立てに少々時間がかかるところが難点ですが、組み立て自体は複雑でもなく、素人でもできるレベルです。防災、防犯対策は普段からの心がけが大事ですし、家具などもしっかりストッパーを付けて地震対策をしておくべきですが、最終的には自分の身を守ること、そして大事な家族の身を守ることがもっとも大切になってきます。地震が頻発している今の時代だからこそ、こうした耐震ベッドなどの設備、家具を取り揃えることも視野にいれておいてもいいし、こうした商品があることを知っておきましょう。