TOP > 耐震チェックについて

耐震チェックについて

耐震チェックは、大きな地震のリスクが高まった最近では気になるトピックの一つだと思います。自分が普段暮らしている自宅がどれくらいの耐性があるのか調べておきたい、またもし補強しなければいけない場合は、どれくらいの費用で、どの部分を補強すべきなのかを知る為にもまずは耐震チェックをすることを考えましょう。

ウェブ上などで公開されている自分でできる簡単な耐震チェックではなく、建物や構造に対しての深い知識と見識のある専門家に頼む事が重要です。もしあなたの住まいが1981年6月以前に確認申請を受けた建物であるのなら、尚更専門家にしっかり見てもらったほうがいいでしょう。

専門家は建物の重量や接合部分、そして老朽度なども詳しく見て、より確実に地震にたいする耐震度をみてくれます。専門家に耐震診断を依頼するときは、まず住まいの市区町村で問い合わせてみることです。行政の窓口のほうで、専門家を紹介してくれるだけではなく、耐震診断などに対する補助金や助成についての情報をくれることもあります。

また、そうしたことを専門におこなっているNPO法人もありますので、そうした団体に頼んでみることもできます。ただし、最近の耐震に関する世間の関心の高さから、そういったことに便乗する怪しげな団体もあることでしょうから、しっかりと信用できる業者に頼むことが大事でしょう。

一時期訪問販売などで、耐震設備を施すといってお年寄りを中心にかなりの詐欺を行なっていたグループがありましたが、こうした悪質な業者にひっかからないように、最初は行政などの紹介を受けて耐震チェックをしてもらうようにしてください。大金をはたいて耐震設備をしたはずなのに、実際はなんの役にもたたない設備なんていりません。

適切な耐震設備をして、まさかの大地震に備えておきましょう。無料の耐震診断をしますなどといったセールスなどには注意してください。実際そのように営業をかけている業者はあまりありません。実際の耐震工事、建物の補強工事は基礎の補強、そして壁の改修などが効果的です。それも専門家の指導に基づいて正しい耐震工事をするべきでしょう。

素人判断や、建築、リフォーム会社のいいなりになって工事を施工することは避けましょう。いくらお金を払っても、きちんとした耐震住宅、耐震設備を手に入れられなければ意味を成しませんから、できる限り専門家のアドバイスを遵守して補強計画をすすめてみてください。