TOP > 地下室の耐震

地下室の耐震

日本の住宅事情をみると、猫の額程の土地に一生懸命工夫を凝らして建てられている住居なども見かけます。スペースはお金なり、とばかり屋根裏部屋や地下にまで部屋を作る、またはしっかり利用している方もいます。

耐震性においては、地下室を作ることは正解です。地下室は地震には強いからです。なぜかといえば、地下室は地盤の影響を受けているからです。建物には、縦の力、鉛直荷重、横の力水平荷重がかかっていますが、地震の際にはこの横の力をどれだけセーブするか、吸収するかが問題です。

でもこれは地表の話で、実は地下室にはまた違った力が働いているのです。それは土圧というもので、この力によって常時押されている地下室は、その力を考慮した設計を行なっています。そして、その常時地下室にかかっている土圧に比べると、地震の力は短期で、しかも小さいので、あまり影響がでないのだそうです。地下の地盤にも色々な力が働いているのですね。

地表面だけにたっている建物は、地震により建物が傾いたり、土台が地表に出てきたりしている光景をよく目にしますが、地下室のある家はその部分でも安心です。普通の基礎などに比べて地中深く構造が頑丈ですから、むしろ地下室があることでよりバランスが保て、安全な土台になっているケースが多いです。

一つ地下室に欠点があるとしたら、おそらく避難出口の確保と、地下水や津波による影響でしょうか。地下室でも揺れを感じるでしょうが、地表に比べたら揺れは緩やかですので、大地震に気付かないということも起こるし、地震によって地下室のドアの枠が変形し、ドアや窓が開かなくなる危険があります。また、大きな地震に気付かず、避難するような状況がせまっていても、窓がなかったりして外の状況にまったく気付かないで逃げ遅れてしまう可能性もあります。

周囲の環境に気を付けるとともに、テレビやラジオなどで、常に情報をチェックするなどの気遣いが必要になります。それを除いたら、地下室はとても快適です。夏は涼しいですし、冬は暖かいですし、とても静かですから、勉強部屋、書斎などにもぴったりだと思います。

もし新しい住宅の建設を考えているのであれば地下室を作ることを考えて見ましょう。地震対策としても、スペースの有効利用としても非常に良いアイディアということが分かると思います。日本より、海外の国々のほうが、こうした地下や、屋根裏などのスペースを上手く利用しているようです。