TOP > 耐震診断とは

耐震診断とは

耐震診断とは、その建物の構造的強度、耐震性を調べて、地震が起こった時にどれくらいの被害がでるのかを判断することです。地震国である日本で安全に暮らす為には耐震診断をして既存の建物の耐震度を知っておく事が重要だと言われています。

耐震診断には一次診断、二次診断、そして三次診断の3段階があります。地震波をもちいて測定する方法もよく取られています。耐震診断の基準は、1981年6月からの建築基準法の新耐震基準により、もしその条件を満たさない場合は耐震の為、修繕や工事が奨励されますが、義務ではありません。地震による住まいの倒壊があると、人命に関わる被害が予想されるので決して軽視できるものではありません。

事実過去に起こった大型の地震では、新耐震基準ができる前に建てられた建物では倒壊の被害が多かったことが証明されています。その為、もしリフォームや部分的な修繕、耐震度を高める為になにかしらの措置をとることを考えているときは、耐震診断を受ける事が良いでしょう。

まずは耐震診断を受ければどの部分をどのように修繕したら効果的なのか、また耐震基準適合証明書の基準についても知る事が出来るでしょう。

頻発する地震に不安を感じて、まず自分の住まいやオフィスがどれだけの震度に耐えられるのか、また倒壊による怪我、死亡事故を防ぐ為には、耐震診断の依頼が必要になるでしょう。

耐震診断自体はそう費用がかかるものでもありませんが、しっかり耐震診断をする資格のある人に頼まなければなりません。建築事務所に所属する建築士か、もしくは指定確認検査機関、指定住宅性能評価機関に正式に依頼しましょう。

診断結果によって、これからどのようにしたらよいかのアドバイスを受けることもできます。もしさきの東日本大震災でかなりの揺れやダメージを感じた方は一刻も早く耐震診断を受けたほうがいいかもしれません。

いままでの統計では、マンションよりも一軒家、また、新建築基準の適用前に建てられた1981年6月以前の建物のほうがリスクの高いことが分かっています。

もし、地震による被害を最小限にしたければ、まずは専門機関に相談してみるべきかもしれません。耐震診断自体はそう費用も高くはなく、いまの建物の状況を客観的にみることができますから、いつ起こるか分からない地震で、その建物がどれくらいの耐性があるのか知っておけば、まさかの時に対処が違うかもしれません。耐震診断は、地震に備える第一歩でしょう。