TOP > 吹き抜けと耐震の関係

吹き抜けと耐震の関係

吹き抜けの住宅は、その広々としたスペース、開放感のある間取りなどから最近非常に人気が出てきているスタイルです。しかし、よく考えてみると、その吹き抜け部分には床も遮るものもなにもないということです。そうすると地震に対する建物の耐性としてはどうなのか、疑問が残るところです。

耐震の上で建物を建てる時は、地盤とバランスを重視しなければいけません。事実として、その吹き抜けの部分には強度が足りていないのですから、その耐性をどこかでカバーする必要がでてくることになります。残っている床面の強度を補強するか、耐力壁の配置を考え、その吹き抜けの部分のバランスをとってあげないといけません。

地震の場合は、横の力が加わるために、梁の接合部分などは弱くなりがちな部分です。しかし、その上に床をつくるとその弱い梁の接合部分を補強することができるのですが、吹き抜けの場合、そうすることもできませんから、特別な処置が必要になることは言うまでもありません。また家の構造上、吹き抜けと階段、天窓などを近くに配置することはできません。

気付きにくいかもしれませんが、階段や天窓も吹き抜けスペースと同じなので、まったく補強になりません。いくらバランスを重視したといってもあまりの吹き抜けスペースの多さは建物の脆弱化を招くのは当たりまえのことです。耐震住宅としては梁を多くする、また柱を太くするというのが定番の方法なので、その部分では別の方法で耐震強度を高める必要があります。

しかし、きちんとした建築士に仕事をしてもらえば、耐震性を保ちながら、なおかつ吹き抜けの住宅を建てることも可能です。おそらく特別注文になるかと思いますが、安全とデザインが同居するように技を凝らさなければなりません。

また、その建物を建てる時に地盤のチェックもしっかりしておいて、吹き抜けの住宅、建物を建てても本当に大丈夫なのか、しっかり検証してみることをおすすめします。やはり素敵なデザインは素晴らしいですが、それ以上に安全性はもっと大事だからです。あまりに奇抜なデザインの建物は見ているのは素敵ですが、住み心地は必ずしもいいものだとはいえないのかもしれませんね。

耐力壁や接合部などで上手く工夫してデザイン性と安全性が同居した建物を建てられるかどうかは、建築士の腕次第ということになるのでしょうか。自分の希望をしっかり伝える事は大事ですが、それ以上にその建物が現実の上でしっかり機能して行くかどうかも重要なのです。