TOP > 耐震とガラス

耐震とガラス

地震が起こった時に、その揺れにも驚くと思いますが、実はもっと怖いことがあります。ビル群から矢のように降り注ぐガラスの破片。そんな上から降ってくる凶器に私たちはなす術もなく、なるべく地震の際にはビルに近寄らないようにするしかありません。

マンションやビルなどの建物にはそうした危険を排除する為に窓ガラスに関しては規定が定められているのです。例えば三階以上の建物には、サッシにガラスを嵌め込む時にはガラスを完全に固定をしない処置をとります。地震によって大きな力が加わると、サッシの枠自体が変形します。その加わった大きな力によって、窓ガラスは割れてしまいます。

でもある程度枠に柔軟性、隙間を持たせたら、揺れによる窓枠からの圧力も分散されるでしょう。しかし網入り板ガラスやひさしがある場合は、直接はガラス落下にはつながらないのでこの規制を受けないこともあります。高い建物だけではなく、普通の民家にしても窓ガラスのことについては心配が尽きない事と思います。地震の多い日本だからこそ開発された地震対策用の防災ガラスの導入を考えてみるのも一つの方法であると思います。

その防災ガラスの特徴と言うと、大きく分けて2つあげられます。まずは、ガラスですから割れるのは当たり前です。でも、その割れ方に違いがあるのです。どのように違うかといえば飛散率が低いことです。地震のとき割れても飛び散りにくいガラスになっています。またもっとも大事なことですが、割れたときの破片が軽いのです。もし割れた場合、大きなガラスのかたまりですとそれが飛散して落ちた場合に重力の法則もあって、直撃すると人が死んでしまいますが、破片が小さければかすり傷ですみます。

もしビルやマンションなどを建設する場合にはこうした防災ガラスを使えば、住人や通行人の安全が確保できます。また一般の民家でもこうした防災ガラスを導入すれば、安全対策だけではなく、紫外線対策や防犯対策にもなり、非常に快適だと思います。地震のときに窓ガラスにヒビが入った、またはあまりにガラスが揺れるので怖くなった、という方はすぐに防災ガラスの導入に踏み切ってみてはいかがでしょうか。

まさかのときに大怪我をしたり、避難途中に怪我をすると体が動かず避難できなくなってしまう可能性もあります。地震それ自体よりは、地震によっておこるさまざまなことのほうが実際には怖いのです。設備面でできることはしておくのが本当の災害対策なのかもしれません。また、飛散防止フィルムを貼る方法もあります。