TOP > 耐震と引き出し

耐震と引き出し

地震の際に色々な物が落ちてくる、また戸棚やキャビネットが開いて食器や物が落ちてきて怪我をすることは良くあるということです。また観音開きの食器棚は危ないということで、地震の揺れを感知すると扉に自然にロックがかかり、扉が開かなくなる優れものキャビネットや食器棚、そして引き出しなどがあります。

激しい横揺れになると、立っているのもやっとで、危ないと思ってかがんだら飛び出してきた引き出しに頭をぶつけてしまった、という話しもあります。まさかのことが実際に起こってくるのが巨大地震です。

人口の揺れで震度6とか7とかを経験したことがある人でも、前もって知らされていて地震を体験するのと、突然起こる地震に対応するには雲泥の差があることを知らなければなりません。

その為、防災グッズなどを常備することは当たりまえですが、家具や備品、そして電化製品などにもしっかり地震対策をしておきましょう。有効な方法としてはストッパーがありますし、家具にはしっかりと転倒防止具を備えつけておきましょう。重い家具ですと、倒れてきたら体を挟まれて逃げられなくなることも想定しましょう。

そしてそれらのキャビネットや食器棚などについている引き出しもロックをかけるようにしましょう。これは耐震ラッチと呼ばれるもので、地震の揺れを察知すると自動的に金具がかかる仕組みになっているものです。

取り付けも簡単で、価格も安いので先の地震で引き出しが飛び出してきて食器が割れた、引き出しが飛び出して怖かった、という方はすぐにでも導入してみましょう。とくに食器を引き出しにしまっていたり、調理器具を引き出しにしまっていれば、それが飛び出してくれば凶器にもなってしまいますから、とくにキッチンの食器入れは早めにラッチを取り付けたほうがいいのかもしれません。

これらの耐震用品は、ホームセンターだけではなく、いまはインターネットショップでも買い求めることができます。余震が多く、また大きな地震リスクの高まる今、しておいたほうがいいでしょう。怪我をして後悔しても遅いのです。

また、こうした耐震ラッチだけではなく、各家庭できちんとした地震対策をする為に地震グッズの買い出しに出掛けてみることもいいでしょう。防災意識の高まりもありますし、家族でいざという時に備えて、色々打ち合わせをしておくといいでしょう。避難経路や避難場所の確認、そして緊急連絡先や集合先を知らせ合って、万一の時の混乱を避けるようにします。