TOP > 耐震のq値とは

耐震のq値とは

耐震のq値とは、かなり専門的な話になりますが、保有水平耐力に係る指標で、建物の耐震性能を測る為に、is値とともによく用いられます。
保有水平耐力は、つまりは建物が水平方面の力に対して持つ耐性のことで、水平荷重の検証のための値です。建物の耐震強度が50パーセントというときは、保有水平耐力が必要とされている基準のほぼ半分しか満たしていないということになります。

しかし、1981年の建築基準法の大改正によって建物の耐震基準が改められたので、このq値で量れるのは、1981年以降に建てられた建物に限定されます。それではそれ以前に建てられた建物の耐震性はどのように測定するのか。その時に使われるのが構造耐震指標、is値になります。

これは建物の地震に対する安全性をしめす値となっています。耐震性を測定するときは、とくにこのis値と、q値をもとにするようになっています。地震に対する安全基準として用いる時は、is値が0.3未満、そしてq値が0.5未満の場合は地震の震動、または衝撃によって倒壊する、または崩壊する危険が高い状態の建物を表し、is値が0.3以上0.6未満、もしくはq値が0.5以上1.0未満の場合は地震の震動や衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険がある状態の建物であることをしめしています。またis値が0.6以上、そしてq値が1.0以上ある建物にたいしては、地震の震動、衝撃に対して倒壊し、または崩壊する危険が低い建物をさします。

この最後の基準に満たない建物は、補強が必要になるのはいうまでもありません。大型地震の頻発や、それによって建物と地震の関係、そして耐震についての研究がすすみ、より強度の高い、そして耐震性能の高い建物の建設は日本に住んでいる方なら、だれもが望むことですからこうした耐震基準にかなった住まい、職場、また学校で安心して生活できることが私たちの理想かもしれません。

社会全体の地震に対する不安から、建物についての評価を開示したり、基準に満たないものは補強工事を行なうなどの対策をとっているところもあります。実際、大きな地震リスクが高まっているといわれている近年では、こうした早い対策が求められています。

耐震のis値、q値について検証したい場合、おそらく耐震性能が弱いことが予想される家屋では早めにリフォームをした方が良いと思いますし、自分のマンション、アパートについても耐震性能をチェックしておいたほうがいいでしょう。普段自分が過ごしている生活環境では、病院、学校の校舎、事務所などの耐震性を知る事は、いざというときに自分の身を守ることになります。なるべく耐震性能がしっかりした建物で日常を過ごすようにしましょう。