TOP > ストッパーで耐震

ストッパーで耐震

地震の被害のなかには、地震そのものよりも地震の揺れによって家具が傾いた、また大きくて重いものが棚から、またはテーブルから落ちてきたことによって怪我をしてしまうこともあります。ガラスが割れるなどして怪我したり、倒れてきた家具に体を挟まれて身動きできなくなる可能性もあるのです。

まったく家具を置かない、備品を置かないで暮らすことはほぼ不可能ですので、地震に備えて、それらが落ちてこない、倒れてこないようにしっかりとテーブルや床、天井、側面に据え付けることが必要になります。

そうした地震対策は大きな揺れがきたときに、まず大きな家具などが倒れてくることを防いでくれますし、パソコンなどの精密機械が床などに落ちて、大事なデーターが失われたり、またかなり重いですので怪我にもつながります。家の中にあるありとあらゆるものを固定しておくのは無理ですが、重いもの、大きいもの、そして観音開きになる食器棚、キャビネット、そして引き出しなど中身が飛び出してきて危険になるものも含めて対策をしておく事が大事です。

取り付けは多少手間がかかるものもありますが、もし地震があってこの家具が覆いかぶさってきたら、または中身が全部出てきたらどうしよう、と不安に過ごしているよりも、先に行動あるのみです。また家具を新しく買い揃えるようなときもこうした点によく考慮した家具や電化製品を買い求めることも大事です。

まさかのときに凶器になるような家具や電化製品は避けること、そしてもしものことを考えて、重いもの、背の高いもの、観音開きの家具には、しっかりと耐震ストッパーなどで固定し、物が落ちて来ることによる事故を防ぎましょう。

平常時のちょっとした気遣いが生死を分けることもあるのです。今は耐震ストッパーも種類が豊富で、かなり価格の安いものも出回っていますから、専門店やホームセンター、もしくはネットショッピングなどで色々な商品を比較し、自宅やオフィスにぴったりの耐震ストッパーを選択しましょう。

さきの地震で大きな被害が出なかった方でも、次の地震では大きく倒壊、または家具が倒れて来ることもあるし、揺れ方が違えば、震度は同じでも物が落ちる、被害が出てくる可能性もあります。

1度目は大丈夫でも2度3度と大きな揺れが加わるうちに、すこしずつヒビが入り、最後には崩れ落ちるということがよくあります。群発地震によるダメージは表面的には見えにくいけれども、建物、そして家具、備品にボクシングのジャブのようにダメージを与えていき、最終的にはダウンまでもっていく恐ろしいものなのです。予防線をしっかりはっておきましょう。